湘南平から高麗山までハイキング

前秦野市の弘法山に登った際、相模湾方面にぽこっと盛り上がった山があり気になっていました。それが今回の高麗山です。

標高は168mと低い山ですが、最近滑落事故があった山なので油断せずしっかりとした装備で行きました。

大磯駅高田公園

出発はJR東海道線大磯駅。出口が一つだけの、小さく可愛らしい駅舎です。

f:id:sanposky:20210425220134j:plain

出口を出て左手に少し進むと大磯町観光案内所があります。高麗山のハイキングマップをもらうことができました。

f:id:sanposky:20210425220039j:plain

大磯駅湘南平→高麗山→大磯駅と時計回りに回ります。

JR東海道線の高架下をくぐり、少し進むと左手に妙大寺があります。調べてみると日本で初めて海水浴場を開設した松本良順のお墓があるそう。日本で初めての海水浴場と聞いてもあまりピンときませんが、松本良順といえば司馬遼太郎の「胡蝶の夢」。ここにお墓があるとは知らず、今回は残念ながらスルーしてしまいました。

f:id:sanposky:20210425220153j:plain

妙大寺を通り過ぎると湘南平への案内があります。案内に従って進むと急な坂道に。つづら折りの坂道を登ると眼下に相模湾が広がります。遠くには伊豆半島も。

f:id:sanposky:20210425220210j:plain

この階段を登ると高田公園に至ります。

f:id:sanposky:20210425220229j:plain

小さい公園ですが急な坂道を登ってきたのでほっと一息つけました。藤棚には満開の藤が。

f:id:sanposky:20210425220056j:plain

高田公園湘南平

高田公園から先は舗装道路から未舗装の山道に。

f:id:sanposky:20210425220251j:plain

シャガがスポットライトを浴びるように咲いていました。

f:id:sanposky:20210425220309j:plain

東小磯配水池。

f:id:sanposky:20210425220327j:plain

しばらく進むと湘南平と高麗山への分岐があります。

f:id:sanposky:20210425220347j:plain

湘南平方面に進むとシンボルのテレビ塔の下に出ます。

f:id:sanposky:20210425220114j:plain

湘南平

登り始めて約1時間。湘南平に到着です。頂上では遮るものがなく360°の絶景を堪能できました。東にはこれから向かう高麗山。

f:id:sanposky:20210426005422j:plain

遠くにはみなとみらいのランドマークタワーが見えました。

f:id:sanposky:20210426005441j:plain

南には太平洋が広がります。

f:id:sanposky:20210426005459j:plain

南東には江ノ島三浦半島相模湾の形がはっきりと手に取るようにわかります。f:id:sanposky:20210504004909j:plain

南西には伊豆半島が見えますね。

f:id:sanposky:20210426005517j:plain

そんな広い海を眺めながらブランコはいかがでしょうか。

思わず乗ってしまいました。ブランコをこげば大海原に飛び出すかのよう。

今まで乗ったブランコで一番気持ちいいブランコでした。

f:id:sanposky:20210504004758j:plain

湘南平の西端にはレストハウスがあります。ジブリに出てきそう。海を見ながらお昼を食べるのも良さそうですね。

f:id:sanposky:20210426005801j:plain

屋上は展望台になっていてより高い視点で眺望を得ることができます。

f:id:sanposky:20210426005743j:plain

北には大山。

f:id:sanposky:20210504004833j:plain

西には富士山。左のぽこっとした山は箱根の外輪山、金時山です。

f:id:sanposky:20210426005649j:plain

双眼鏡を無料で覗くことができました。

f:id:sanposky:20210426005708j:plain

「ainowa」というモニュメントもありました。

f:id:sanposky:20210426005725j:plain

テレビ塔方面。

f:id:sanposky:20210504004851j:plain

遮るものがないので風がビュービュー吹いていました。寒くなってきたので高麗山に向かうことに。

湘南平〜高麗山

湘南平から高麗山までは山の尾根を歩きます。途中シャガが群生していました。

シャガは地中の根茎から匍匐枝を伸ばして増えるので、ここにあるシャガは全てクローンのようなもの。薄暗い場所ですがところどころ陽の光が当たり幻想的でした。

特徴的な黄色と薄紫色の斑点は昆虫に蜜のありかを教える標識の役割を果たしおり、ネクターガイドと呼ばれるそうです。

f:id:sanposky:20210504004926j:plain

f:id:sanposky:20210504004943j:plain

f:id:sanposky:20210504004959j:plain

途中八俵山(標高160m)をとおります。木々に囲まれているため眺望はありませんが、ベンチがあるので一休みできます。f:id:sanposky:20210504005019j:plain

木の橋を渡り少し登ると…

f:id:sanposky:20210504005037j:plain

高麗山に到着です!高麗山の歴史が書かれていたのでパチリ。

f:id:sanposky:20210504005055j:plain

高麗と若光

昔から日本と朝鮮の文化交流は深く、相模国をはじめ東国七州の高麗人を武蔵国に移して高麗郡をおいたと「続日本記」には書かれています。

奈良時代のころ高句麗は唐・新羅に滅ぼされ、日本に難を逃れた人も多くその中に高句麗王族のひとり高麗若光もいました。若光は一族をつれて海を渡り大磯に上陸、日本に帰化してこの山のふものと化粧坂あたりに住み、この地に大陸の文化をもたらしました。

高麗若光高句麗の人たちが住んでいたことから、この地が高麗と呼ばれるようになりました。

高麗郡は現在の埼玉県日高市付近にあった郡で、高麗川という川の名前にかつての名残をとどめています。

かつてここには高来神社の上宮があったそうですが、今は石祠が祀られています。

f:id:sanposky:20210504005113j:plain

f:id:sanposky:20210504005130j:plain

高麗山〜大磯駅

下山を開始します。まずは長い石段を降りる。

f:id:sanposky:20210504005150j:plain

途中男坂と女坂への分岐があります。観光案内所で男坂は急と聞いていたので女坂方面に行くことにしました。

f:id:sanposky:20210504005209j:plain

きちんと整備されているので歩きやすかったです。

f:id:sanposky:20210504005226j:plain

しばらくすると高来神社の裏手に出ます。ここで先ほど分かれた男坂と合流します。

f:id:sanposky:20210504005245j:plain

高来神社。

f:id:sanposky:20210504005320j:plain

f:id:sanposky:20210504005303j:plain

鳥居の外から振り返ると高麗山がこんもりしていました。

f:id:sanposky:20210504005338j:plain

神社を出て参道を少し歩くと国道1号線に出ます。西に向かい大磯駅を目指します。

f:id:sanposky:20210504005357j:plain

右手には先ほどまで歩いていた山が見えました。

f:id:sanposky:20210504005416j:plain

JR東海道線のガード下をくぐります。

f:id:sanposky:20210504005436j:plain

しばらく歩くと大磯駅前の交差点にでます。ここを右に曲がれば大磯駅です。

f:id:sanposky:20210504005453j:plain

駅前にはクラシカルな建物がありました。大磯迎賓館といい、中ではイタリアンレストランが営業しているそうです。

f:id:sanposky:20210504004706j:plain

大磯駅に戻ってきました。

f:id:sanposky:20210504004722j:plain

低山なのであまり期待せずに登りましたが、湘南平からの眺めが想像以上に良かったです。首都圏から容易にアクセスできるので日帰りハイキングにぴったり。大磯の町自体も自然が豊富でゆったりとした雰囲気が素敵。歩いていると歴史的なスポットも多かったので、今度は歴史散歩をしにきてみたいですね。

春の山下公園

横浜の春の風物詩「ガーデンネックレス横浜」。

毎年この時期になると横浜で開催されるイベントで、市内各所で色とりどりの花を楽しむことが出来ます。メイン会場はみなとみらいから元町・山手にかけての「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシアに隣接する「里山エリア」。今回は「みなとエリア」の山下公園を散歩してきました。 

山下公園にはみなとみらい線元町・中華街駅から向かいます。

公園の手前には1927年開業のホテルニューグランド。日本クラシックホテルの会に加盟するホテルの一つで、歴史を感じるホテルです。サザンオールスターズの「LOVE AFFAIR」に登場するバー「シーガーディアンII」はこのホテルの中。敷居が高く感じますが、いつかは行ってみたいですね。

f:id:sanposky:20210414214754j:plain

山下公園を挟んで向かいには重要文化財氷川丸が係留されています。

f:id:sanposky:20210411223249j:plain

山下公園。青い空に緑が眩しい。色とりどりの花も綺麗ですが、思い切って一つの色にまとまった花壇も素敵です。

f:id:sanposky:20210411223230j:plain

足元の花にはてんとう虫がとまっていました。

f:id:sanposky:20210411223137j:plain

ルピナスニュージーランドの旅行サイトやパンフレットでは、群生するルピナスがよく紹介されています。鮮やかな花が一面に広がる様は美しくニュージーランドを代表する花のように思われますが、実は現地では厄介者の外来種として扱われているようです。

f:id:sanposky:20210411223156j:plain

つやつや艶やかなラナンキュラス・ラックス。

f:id:sanposky:20210411223214j:plain

港町特有の明るさを感じます。

f:id:sanposky:20210411223307j:plain

アネモネマクロレンズを買ったら是非撮ってみたい花。

f:id:sanposky:20210411223327j:plain

チューリップ。

f:id:sanposky:20210411223347j:plain

山下公園大さん橋側にある異国情緒溢れる建築物、インド水塔。前々から気になっていたので調べてみると、1923年の関東大震災で被災した在日インド人が、救済措置を講じた横浜市に寄贈したものだそう。そういえばここ山下公園関東大震災で発生した瓦礫を埋め立てて作られた公園なので、歴史的なつながりを感じますね。

f:id:sanposky:20210414214814j:plain

山下公園を後にしみなとみらい方面に歩きました。少し時期が過ぎてしまいましたが桜。象の鼻パークにて。

f:id:sanposky:20210411223405j:plain

さらに歩き赤レンガ倉庫にやってきました。ここでもお花のイベント「フラワーガーデン2021」が開催されていました。

f:id:sanposky:20210414214832j:plainこの時期は横浜の至るところでお花を見ることが出来るので散歩のしがいがあります。

少ししたら今度はバラが見頃になるので、また行こうかと思案中です。

朧月と夜桜

ライトアップされていませんが夜桜です。

今年はひっそりと近所の夜桜を撮ってみました。少し明るいのは近くに街灯があるため。

桜の写真を見返してみると撮影時期が年々早まっているように思えます。

10年前は来週末が花の散り始めだったようですが、今年はそろそろ散り始めですね。

f:id:sanposky:20210330235609j:plain

朧月と一緒に。そういえば昨年は都内でも満開の桜に雪が降り、幻想的な景色が見られました。この後天気が崩れてきそうですが、今年は暖かい日が続いているので降っても雨、花散らしの雨にならないと良いですね。

f:id:sanposky:20210330235629j:plain

コブシ

暖かい日が続き街のあちこちでコブシの花が咲いています。

f:id:sanposky:20210317224641j:plain

見上げると大きな白い花がもこもこと咲いていて青空に映えます。学名はMagnolia kobusといい、kobusは(コブスですが…)和名のコブシに由来するそうです。

f:id:sanposky:20210317224717j:plain

いっぱいに咲いたコブシも綺麗ですが、一輪だけぽつんと咲いた花も趣があります。

f:id:sanposky:20210317224657j:plain

ちなみにコブシの花言葉は「友情」、「友愛」、「愛らしさ」だそうです。

そういえば最近袴姿の女性をよく見ますが、卒業式シーズンにぴったりの花言葉ですね。

春の嵐の後

春の嵐が去った朝の散歩。

真っ青な青空に椿が映えていました。椿と言えば伊豆大島五島列島が有名ですが、どちらも未だ訪れたことのない場所。コロナが落ち着いてきたら行ってみたい場所であります。

f:id:sanposky:20210314184708j:plain

まるでバラのような椿。上の椿とは全然違う花なのにこれも椿、乙女椿というそうです。白い小さな花との組み合わせが綺麗です。

f:id:sanposky:20210314184727j:plain

咲く椿もあれば落ちる椿も。昨日の風雨でだいぶ花が落ちていました。

f:id:sanposky:20210314184920j:plain

花ごとポトっと落ちる様は縁起が悪いと言われていますが、木の根元に花の絨毯が広がるようで風情があるなと思います。遠くから見るとその場所だけライトアップされているかのよう。昔の人は落ち椿といい、春の季語として詠んでいたようですね。

f:id:sanposky:20210314184954j:plain

歩いているとコツコツコツコツという木を突く音が聞こえて来ました。コゲラさんです。いつもは木の高い所にとまっていますが、今日は低い所で発見。こんなに近くで見たのは初めてです。

f:id:sanposky:20210314184804j:plain

ハクモクレンでしょうか。コブシとの違いがわからなかったので調べてみると、ハクモクレンは花びらが9枚(内1枚は萼)で、コブシは6枚とのこと。写真でみると花びらの数が6枚なのでコブシですね。

f:id:sanposky:20210314184822j:plain

ムスカリ。鮮やかな青紫色が綺麗。

f:id:sanposky:20210314184841j:plain

ミモザ。2月中旬頃から街やお花屋さんで綺麗な黄色い花を見かけるようになります。満開になったと思うとすぐに色が変わり、あっという間にシーズンが終わってしまいます。この日見かけたミモザもすでに蛍光色から濃い黄色に変色したものでした。次回はまた一年後ですね。

f:id:sanposky:20210314184901j:plain

ローズマリー。近くを通ると爽やかな香りが漂って来ます。ローズマリーというとアロマや香辛料といったイメージが強いですが、この小さな青紫色の花も好きです。f:id:sanposky:20210314184937j:plain

朝はまだ肌寒さが残っていましたが、日中は気温がぐんと上がりました。今週は暖かい日が続くようで、いよいよ春本番という感じです。桜の開花も気になりますね。

花散歩

週末は雨という予報でしたが、日が差し明るい一日になりました。

特に予定もなかったので、久しぶりにオールドレンズをつけて近所を散歩してきました。

今回持ち出したのは「LZOS MC VOLNA-9 50mm F2.8」。レンズ本体にMACROと書かれているとおりマクロレンズとして設計されたレンズですが、通常の撮影時にもかなりシャープに写ります。さらに絞りをF5.6〜F8くらいに絞ると背景のボケが星型に写るという技も。一芸にも二芸にも秀でる面白いレンズです。

さて最近は鳥さんばかりでしたが、足元の花を撮りながら歩いてみました。

椿。中でヒヨドリキジバトメジロなどが囀っていました。根元ではムクドリががさごそと何かを突いています。

f:id:sanposky:20210307205001j:plain

一輪だけ咲いていた紫の花。クロッカスでしょうか。紫と黄色のコントラストが綺麗ですね。

f:id:sanposky:20210307205018j:plain

ほとんど葉に覆われた河津桜。絞りを絞ってボケを星型にしてみました…が、明るいので少しわかりづらいですね…。

f:id:sanposky:20210307205031j:plain

f:id:sanposky:20210307205052j:plain

諸葛菜ハナダイコン、ムラサキハナナ、シキンサイ等いろいろな名前があるようです。

f:id:sanposky:20210307205110j:plain

黄水仙。黄色が鮮やか。花の形も可愛らしいですが、葉っぱの先端がぷくっと膨れている様が愛らしいです。

f:id:sanposky:20210307205133j:plain

週明けはまた寒くなるようです。三寒四温の繰り返しですが、また暖かくなる日が楽しみです。

河津桜とメジロ

早いもので2月も終わり3月です。

日差しが明るく青空が広がっていたので、お昼過ぎにいつものお散歩コースに行ってきました。

外に出ると日差しはあるものの、空気はまだ2月の冷たさ。風が吹くとより一層冷たく感じます。それでも日向は暖かく、同じように散歩に繰り出している人がたくさんいました。

道の途中、ついこの前咲き始めたばかりの河津桜がいつの間にかピンクの花で満開になっていました。多くの人がスマホやカメラで写真を撮っていましたので同じようにパシャっと。

f:id:sanposky:20210228235627j:plain

実はこれ、ピンクの花だけが写るように撮っただけで、かなりの部分で緑の葉っぱが出ていました…。ソメイヨシノもそうですが、花が咲き始めて満開になるのを待っていると、いつの間にか葉っぱが出てきてピークを逃してしまいますね。

河津桜の写真を撮っていると近くの木にヒヨドリさんが!警戒心ゼロ。距離が近いのに向こうからピピッとやってきてくれました。

f:id:sanposky:20210228235640j:plain

そんなヒヨドリさんには御構い無しのメジロさん。今日も花の蜜をなめなめ、河津桜の中はたくさんのメジロで賑わっていました。

f:id:sanposky:20210228235652j:plain

別の場所ですが一つ気になる木がありました。あまり詳しくないので何の木かわかりませんが、幾つもの白い蕾を膨らませている木です。梅のようでしたが梅であれば花が満開になっている時期なので違うのかなと。

f:id:sanposky:20210228235722j:plain

開花している部分があったので撮ってみましたが、結局わからず終いです。

f:id:sanposky:20210228235706j:plain

今度また花が咲く頃に足を運んでもう一度調べてみたいと思います。